薬剤師課程6年制への移行で質の高い薬剤師が求められてきます

薬剤師は薬を安全に服用できるようにするのが役目の一つです

薬剤師は国家試験に合格して得ることができる国家資格です。
医師の処方箋をもとに調剤をしたり、患者さんに服薬の指導を行ったりすることができます。
なぜ薬を渡すのに資格がいるのかと疑問に思う方もいるかもしれません。
しかし、薬には相互作用というものがあり、数種類の薬を合わせて飲んでいる場合、お互いの薬によって効果が強く出過ぎたり、逆に効果が阻害されてしまい、本来の効果を示さず、かえって体に悪影響を及ぼす可能性もあるのです。
そのようなことがないように、薬を調剤し、確認するのが薬剤師の役目になっています。
そんな薬剤師の質を高めるための教育制度の変更が行われています。

薬剤師の質を高めるための6年制への移行

薬剤師をめざす場合には薬学系の大学で学ぶことが必要になり、学んだあとに薬剤師の国家試験を受験し合格することではじめて薬剤師として働くことができるようになります。
ですので薬剤師になるためにはまず薬学系大学に入学することを考える必要があります。
薬学系の大学は2006年より6年制課程がスタートしたことをご存知でしょうか。
それまでは4年制でしたが、6年制へ移行することになり新たな国家試験もスタートしました。
なぜ薬学系の大学が6年制へ移行したのかと言いますと、先進国の中では遅れを取っているためです。
6年制にすることで薬剤師を育成する教育の現場を充実させ、医療の質の向上を図り遅れを取り戻そうとしています。

ようやく6年生への移行期が終わろうとしています。

新たにスタートした6年制の課程では、薬局病院実務実習が約半年間必修化されており実践経験の中で学ぶこともはじめられています。
また薬学系の大学の中には4年制の過程を取っているところもありますが、卒業した場合や卒業の見込みとなっても薬剤師国家試験の受験資格を得ることができません。
そのためいまだに薬剤師不足は続いていますが、そろそろこの売り手市場も終わろうとしています。
これからはいよいよ薬剤師もさらなる質を求められる時代になってくるのです。