芸能人の子息も通う通信制高校での青春についての話

高校卒業資格を取得できる通信制高校の位置づけ

高校には一般的に通っている高校と、実際に通わなくてもネットなどを通して教育を受けられる通信制高校というものがあります。
こういった通信制の高校に通う人の多くは周りにうまくなじめなかったり、いじめにあったりして、不登校になった人が受けることが多いのだと思います。
芸能人が通うような高級賃貸マンションであっても、このような子供たちを抱えた家庭は多くあります。
中には人間不信に陥って、周りのことを何も信じられなくて、家に引きこもってしまう人もいると思います。
そういった普通の高校に通えないような人でも、勉強したいという気持ちさえあれば通信教育などで教育を受けたり、高卒や大卒などの認定試験を受けることもできます。

通信制高校はあくまでも非常手段と考えられているようです

でも、ただ授業を受けるだけという通信制の高校は本当の高校生活だとは思えません。
なぜなら、本来の高校生活ではたくさんの人たちと話したり、一緒に遊んだり、部活や委員会活動、文化祭や体育祭などの様々な行事に同じクラスの人と一緒に参加することが本当の高校生活だと思います。
ただ、勉強をやって成績が良ければいいというのではなく、学校はみんなで思い出を作るための場所であり、高校生活は思い出作りのための大切な時間だと思います。
たしかに通信制高校が悪いとは思いません。

全日制高校への復帰・復学が可能な通信制高校を選ぶのも手です

人間関係がうまくいかず悩んでいる人や、人と話したり、関わるのが怖くて学校に行けなくなった人もいるとは思います。
でも、高校生活は一度きりで、その時にしかできないこともたくさんあるので、後悔のないように思いっきり楽しんで、友達やクラスの人たちとたくさん話して思い出を作ったほうがいいと思います。
今はまだ、周りのみんなになじめていないような人でも、諦めずに時間をかけて友達を作っていけばいいと思います。
少しずつでも互いに打ちとけ合うことで周りに対する考え方も変わってくるでしょう。