看護師の仕事はどんな社会貢献をするのか。

看護師のお仕事の業務内容について

最近では男性も多くみられ、多様化が進んでいる看護師という職業ですが、一般的に看護師の仕事内容といわれてまず思い浮かぶのは、病院で医師のサポートをするというイメージが強いのではないでしょうか。
具体的には患者さんの問診・診察の説明や検査を行ったり、入院中五体不自由な患者の介助(入院患者の食事の配達や排泄などもこれにあたりますね)点滴の管理や注射などももちろんのこと、患者のベッドメーキングなどの雑用までもしてくれます。
さらには、退院後や自宅療養の際どうすればいいかなどの解説や指導も看護師の仕事です。
医者と一丸となって総合的に管理をしてくれる看護師は、患者や医師にとっては無くてはならない存在なんですね。

社会貢献も出来る看護師の仕事

実際、看護師は命と向き合うことの多い職業です。
豊富な知識と経験を必要とし、咄嗟の判断力も必要となります。
看護師の方と一緒に仕事をしたことがありますが、とてもハードな看護業務を文句も言わずに一生懸命従事する姿に尊敬していました。
患者さんにとって、看護師の言葉は何よりの励みになると思います。

職業倫理や市民意識が高い人が多いです

私が接してきた方々は皆さんとても元気で明るい印象を受けました。
それにとてもパワフルで、病気を寄せ付けない雰囲気すら感じられました。
だからこそ、患者さんにとって看護師の存在は絶望から希望へ変えてくれる存在だと思います。
業務を遂行する上でとても辛いこともあるかもしれませんが、長年勤務するということは、それ以上に魅力的な職業だからなのだと思います。